会社経営

資金繰り表を作っていますか?

資金繰りとは?資金繰りの重要性を解説

企業はどのようなときに
倒産するのでしょうか?

決算書類で赤字を出したとき?

ちがいます。

 

支払うべきお金が支払えなくなったときです。

 

そのような状況になる前に、

手元の資金を十分に管理しなければなりません。

 

つっきー
一般的に資金繰りと呼ばれています。

 

資金のショートが

起こらないようにするために、

企業は資金を何とかやりくりして支払いを

行います。

 

・優れたビジネスモデルを確立している

・利益を生み出している

・たくさんの投資家に恵まれている

こんな恵まれた状況でいようと

資金がショートしてしまえば

企業は倒産となり、事業を継続することが

できなくなってしまいます。

 

家庭で言えば、

自己破産といったとこでしょうか。

黒字倒産と資金繰り

はてな

え?黒字なのに倒産?!

意外にも現実に多いんです。

損益計算書に反映されている利益は

黒字なのに、会社が倒産してしまう状態をいいます。

 

どうしてそのようなことが

起こるのでしょうか?

 

たとえば、売上はあったけど

入金は先のものが多い。

 

利益はあるけど、

現金がない状態なんです。

 

現金の流れ(キャッシュフロー)

を計算するために、

企業は特定の期間を定め、

始まりと終わりの時点の利用可能な

現金に注目します。

 

そして、期間の開始日よりも

末日の方が金額が多い場合には

良いキャッシュフロー、

末日マイナスとなっている場合には

良くないキャッシュフローということになります。

まとめ:資金繰り管理は企業経営のかなめ

お金の管理は、企業の倒産に直結する

問題です。

 

甘くみないで、

ぜひリアルタイムで資金繰り管理

してみましょう。

 

  • この記事を書いた人

つっき〜

預貯金残高マイナスに気づかなかった、お金オンチだった私が、投資に目覚めマイナスから資産5倍に。順調に見えた資産運用だったが、投資詐欺にあい資産200万があっさりなくなる。そこから投資について猛勉強し、資産8桁へ。 投資をしていく中で、お金と心はつながっていることに気がつく。 投資をもっと身近に親しみやすく、お金が増えていくマインドを整えながら資産を増やし、お金を守る専門家として活動中。

-会社経営