わたしのこと

勤労少女だった10代のわたしへ

なぜあんなに働いていたのかな・・・

親が自営業で忙しかったため、

少しでも

・生活の足しにしたい

・親をラクさせたい

という気持ちが

幼少期から強く、

 

高校生のときには、

学校が終わると

遊びも断って、

即バイトに行きました。

 

花の高校生が

スーパーの店員デビューです!

 

日曜日のお休みの日は、

朝から夕方まで働いていました。

 

総菜を作りながら、

おばちゃんや、目上の方とのお話しが

楽しかった思い出があります。

10代の貴重な時間をバイトに費やしてきづいたこと

スーパーの店員を2年近くやりましたが、

ちょっと刺激が欲しくなり

(それでも遊びを選択することはなかった)

 

・観光客が相手の居酒屋

・敷居が高い小料理屋

・地名度高めのステーキ屋

・一杯2000円以上するバー

などなどハシゴしました。

正確にはハシゴさせられました。

一つの会社が全て営業していたんです。

 

そこで得た体験や知識はもちろん私の財産ですが、

弊害もあります。

・遊ぶことに罪悪感が出る

・時間はお金=労働の感覚が抜けづらい

・働いていないと落ち着かない

 

この感覚が植え付けられてしまい、

抜けるのにだいぶ時間がかかりました。

いや?まだ気づいてないところで

出てくるかも・・・( ;∀;)

 

10代の私に言いたいこと

遊ぼう・遊ぼう・遊ぼうーーー!!!

 

「今」を楽しんで、

自分のやりたい事を探すことに時間を割こう!!

 

若いときの感性のまま

楽しめる何かがあったはず・・・

という思いは拭えません。

 

今の人生も楽しくて充実していて、

後悔はしていないんですけどね。

 

  • この記事を書いた人

つっき〜

預貯金残高マイナスに気づかなかった、お金オンチだった私が、投資に目覚めマイナスから資産5倍に。順調に見えた資産運用だったが、投資詐欺にあい資産200万があっさりなくなる。そこから投資について猛勉強し、資産8桁へ。 投資をしていく中で、お金と心はつながっていることに気がつく。 投資をもっと身近に親しみやすく、お金が増えていくマインドを整えながら資産を増やし、お金を守る専門家として活動中。

-わたしのこと